2018年10月03日

観月会

CIMG0963.jpgCIMG0950.jpgCIMG0954.jpgCIMG0958.jpgCIMG0962.jpg
三渓園の観月会に七々扇流で初参加!原三渓生誕150年の祝いの年️大正14年、関東大震災の2年後、横浜が元気がないと復興小唄「濱自慢」を原三渓さんが作詞、作曲したのが、勝海舟が名付け親の七々扇流、七々扇小橘が作曲!18時15分から2時間、重要文化財、臨春閣のお座敷で、踊らさせていただきました。最高のお天気で満月に見守られながら女将七々扇秀太紀は、端唄の永野桃勢さん一門による「お吉しぐれ」を生演奏で踊りました!
9月24日月曜日、最高のお天気、満月が私達七々扇の踊りを見守ってくれました!
posted by 女将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184582061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック