2018年10月15日

豪華浪曲大会

IMG_8506.JPGIMG_8508.jpegIMG_8510.jpgIMG_8513.jpgIMG_8517.jpg
今年で52回だそうです!ここ数年お誘いを受け、浅草公会堂まで、お邪魔しますが、修学旅行旅行シーズンで15時までしか聞くことができません!祖母が好きだった事で、ラジオから流れてくる浪曲にすっかり魅了され育った世代です。





若い玉川太福さんと96歳の玉川裕子さんの浪曲コントは大笑い️息の合った掛合いはお見事、いつも曲師伊丹秀敏さんは浪曲をやる時は浜乃一舟と名前を変えます。「男の花道」良かったです。今日は私の好きなこぶしは回さないのと言って、それもまた良かったですてれてれ
豊子と奈々福の浪花節更紗、作玉川七々福、真実のお二人の出会いが、これもまた笑いが、止まらない!国本はる乃と国本武春さんのお母さんの国本晴美さんとの掛合い浪曲「瞼の母」80歳を過ぎてまだ現役、孫のような天才の弟子に恵まれ、あおられている師匠がまた大物、無理しても行って良かった!楽しかったです。二階まで大入り満員浪曲ブームがやって来ました。特に若い人が腕を上げています。蒔田の吉良を自作でにぎわい座ノゲシャーレで大入りにした東家一太郎さんも出演。11月24日10時30分より松島で吉良の講演として、同じ出しもので披露、ノゲシャーレに入れなかった方是非松島でお聞き下さい。最初に唸った、東家孝太郎さんも素晴らしかった!この先が皆さん楽しみですにこにこ🤙
posted by 女将 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184687527
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック